確定申告サポート

確定申告自分でやりますか?丸投げでおまかせしますか?

三島中央の会計事務所_確定申告
「確定申告」ということばを耳にする時期が毎年必ずやってきます。
ご自分で作業を行っている方などは、「ああ、またやって来たか~」と、憂鬱な気持ちになるのではないでしょうか。

しかしこの確定申告は避けて通ることができません。

確定申告とは、去年1年間の所得にかかる税金を計算し、税務署に申告・納税することですが、申告を忘れると税が課されるペナルティがあったり、損をしてしまったりする場合もあります。
何より本業の仕事とは関係の無い業務でもありますから、業務効率化の観点から税金のプロに任せているという方もたくさんいらっしゃいます。

業務の説明

確定申告の業務を任せるとしたら、依頼するのは「税理士」「会計事務所」となります。

税理士は、税務の代理をすることができる資格を持っています。
お客様に代わって、各種税金の申告や申請を行うことができるという資格です。

更に、税務署に23年以上勤務した人や公認会計士や弁護士なども、税理士名簿に登録されていることで、資格を持っている「税理士」として業務を行うことができます。 従って、税金の事で困ったらとにかく「税理士」にお願いすればよいということを覚えておいてください。

一方で、無資格の人に代行してもらうという行為は、そこに金銭が発生していなくても罪になってしまいます。友人知人に頼んだとしても税金にまつわる世界では法律違反と見なされてしまうのです。「え?知り合いに手伝ってもらっただけなのに?」と思われるかもしれませんが、違反となってしまうのです。

従って、軽い気持ちで無資格者である誰かに頼んだりしないよう、十分な注意が必要です。

このように、例え無償であっても税理士以外の者が行ってはならない業務を無償独占業務といいます。
税理士の他、司法書士や土地家屋調査士、医師などと、その職業は非常に限られています。

確定申告の業務だけでなく、「税金がどれくらいかかるのか?」とか、「節税対策をしたい!」など、税金に関わることについては、税金の専門家である税理士法人鈴木会計にお気軽にご相談下さい。初回の相談は無料で承ります。
鈴木会計_お問合せ
ページトップ