事業計画サポート

税理士法人鈴木会計では、「企業の黒字決算」を実現させるためのお手伝いの一環として、TKCが提供する「TKC継続MASシステム」というシステムにも取り組んでおります。
もしご興味がありましたらご相談ください。

参考までに、以下に「TKC継続MASシステム」のご紹介をさせていただきます。

TKC継続MASシステム

「TKC継続MASシステム」は、以下の3つの支援を柱とします。

1.中期経営計画
2.単年度予算
3.短期経営計画

計画と実績を継続的に検証し各種検討会を開催することで、会社を黒字決算に導くシステムです。

黒字へ導く「PDCA」

黒字決算を実現するためには、以下の「PDCA」サイクルが重要となります。
PDCA
※株式会社TKC-HPより


P(計画)では、「中期経営計画の策定」、「単年度予算の作成」、「短期経営計画の策定」により、会社の進むべき方向性を明確にし、近い将来の業績を管理するための予算や経営計画をたてる支援をさせていただきます。
D(実行)では実際に計画に基づき経営活動を行っていただき、C(評価)で業績の管理を徹底します。
そして最後にA(改善)で各種検討会により目標達成のための対策を実行するお手伝いをさせていただきます。

TKC継続MASシステムの特長

「TKC継続MASシステム」の大きな特長としては、TKCのホストコンピュータのデータに基づいてPDCAを実行していることです。
TKCの豊富な財務時系列データと最新実績により、スムーズで確実な計画策定や業績の検討を実現することができます。


鈴木会計_お問合せ
ページトップ